TRUMP統計セミナー 応用編

TRUMP Analysis Seminar
TRUMP統計セミナー 応用編
最新のお知らせ

平成26年度 TRUMP統計セミナー 応用編のご案内

今年度も下記の日程で「TRUMP統計セミナー 応用編」を開催いたします。

  • 参加申込の受付は終了しました

平成26年度 TRUMP統計セミナー 応用編 詳細

セミナー内容

TRUMPデータを用いた登録研究は、日本造血細胞移植学会のテーマ別ワーキンググループ(WG)を中心に盛んに実施されています。TRUMP調査項目には限りがあることから、TRUMPにない項目を用いた二次調査の提案も増えてきました。今回は、「二次調査を計画される際に知っておきたい疫学的なこと」を九州大学の松尾先生にご講演いただきます。
後半には、より実践的な内容として、事前にWGメンバーの研究者のみなさんからのご質問を踏まえて企画しました。演者がStataを用いた解析方法を実演するスタイルとします。

開催日

2014年11月30日 (日曜日)

場所

名古屋市東区大幸南一丁目1番20号

名古屋大学大学院医学系研究科・医学部保健学科 東館4階 大講義室 (詳細はこちら)

セミナープログラム

9時30分- 受付、資料配布

10時00分-10時30分
 我流Stataの使い方:自分なりの方法を確立しよう
  鈴木 律朗 (島根大学医学部附属病院 腫瘍・血液内科)

10時30分-12時00分
 TRUMPを用いた二次調査を計画する際に知っておきたい疫学的なこと
  松尾 恵太郎 (九州大学大学院医学研究院 予防医学分野)

12時00分-13時00分
 昼食休憩

13時00分-14時15分
 多変量解析モデル構築の具体例
  熱田 由子 (日本造血細胞移植データセンター)

14時15分-15時30分
 時間依存性変数の扱いの解説と演習
  諫田 淳也 (自治医科大学附属さいたま医療センター 血液科)

対象

TRUMPデータを用いた研究を行っている、あるいは今後その予定である方を対象とします。
昨年度セミナーに参加された方で、もう一度参加したいという場合も受け付けます。
(基礎編とは独立したセミナーですので、基礎編の受講の有無は問いません。)

当日ご持参いただくもの

  • 特になし
  • 後半は、Stataを用いて具体的な解析方法を示しながら講義を行う「実践編」です。
 模擬データを用いて実際に参加者のノートパソコン上で動かしていただく方法を昨年度までは行っていましたが、その場合時間がかかり、講義できる内容が限られることも難点でした。
 今回は、事前にご要望くださいました内容をできる限り網羅できるよう、演者が実演し、それを見ていただくような講義形式を予定しています。当日紹介するコマンド/スクリプトは、資料として配布します。
〒461-0047
愛知県名古屋市東区大幸南1丁目1-20名古屋大学内
TEL:052-722-4410 / FAX:052-722-4420
QMS
FS 698007/ISO 9001
ISMS
IS 698006/ISO 27001
Copyright 2013- The Japanese Data Center for Hematopoietic Cell Transplantation All rights reserved.
page top